続・外装レストア


〜板金作業〜

錆が一番酷かった場所の板金にかかります。
ここだ!
ここは残った錆を見ない振りして、サフを吹いてしまっていますが
気になるのでやり直します。
カップワイヤーでサフを剥がし脱脂して、
レノバスプレー(錆転換材)を吹きます。

レノバスプレー
赤錆を安定した黒錆に変質させて
錆の進行を止める薬品ざんす。

手の届かない場所にも有効ですね。

黒錆変化
みるみるうちに紫色になっていきます。


さて、切り落とした場所には何かを貼らなければいけません。
当初はボンデ板(亜鉛メッキ合板)を貼る予定でしたが
1mmのアルミ板がせっかく家に転がっているのでそれに決定。
電蝕・・・・・気にしない事にします。(^^;
どうせロウとも電位差あるしね。

厚紙で型紙を取り、糊代を考えてアルミ板を切っていきます。
んで、フランジャー(工具のススメ参照)で糊代を作り、
実際に車体にはめてみて微調整・・・・・
暇があれば外側のプレスラインを成形するといいでしょう。




ここで、重要な事に気づきました。
かなり凝ってしまった為に
製作費がかなりな(依頼者の要望と離れた)額に・・・(^^;


そこで・・・・・・・・・・・

とりあえず 白いの製作記 に緊急変更。(核爆)

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

白いの製作記

節度をもって(あまりこだわらずに)さ〜っと仕上げちゃいます。

コイツの集合スイッチは生きていたので、
とりあえずキャブを調整してエンジンがかかる様にします。
かからんぞ
が・・・・・穴と言う穴を掃除してやってみましたが
いかんせん見た事の無い形式のキャブなだけに
“うっしー”(友人)に「助けて!!!CALL」 (^^;
(いやぁ〜携帯電話って便利ですねぇ)

何とかかかる用になりましたが、
燃料の混合比(ベスパは混合給油)を間違ったせいか
イマイチ調子が悪い・・・

そして超爆音

白煙が妙な方から出てくるのでマフラーを外して見る・・・・
大穴
すごいなこりゃ・・・・
そりゃ五月蝿いわ(^^;

仕方ないので黄色いヤツのエンジンからマフラーを外してきて交換。
すると、エンジンがかからなひ・・・(ToT)
これでどっと疲れが押し寄せて、この日は力尽きて店じまい。

後日、プラグかな?っちゅーことで
近所のバイク屋にチャリを走らせますが、
3件ともお盆で休み(そりゃそうだ)。

そこで「うっしー」召喚 m(_ _)m

さて、このキャブとはうっしーも初対面なので
観察&検証から始めて理解した後に調整開始。
ここで買って来てもらったNEWプラグに交換。

いや〜さすが。たいしたもんぜ!うっしー。v(^^)v
まだ本調子とはいきませんがかなり良くなりました。>普通に走れる
もうひたすらうっしーに感謝でございます。m(_ _)m

二人の走った感想は、「クラッチ滑ってるかも・・・」 ( ̄□ ̄;
非力なだけに解りずらいじょ。

ま、かなり進んだのでご機嫌です!!(^^)


〜まだまだ続く・・・・・
続×2・外装レストア編へ→


1つ前に戻る