外装レストア


〜解体開始〜

さてさてとりあえず外せる物を外しちゃいマス。
エンブレム、滑り止め、・・・・
いや〜でも、面倒くさい!!(^^;

フツーさぁ・・・ボルトが14mmならナットも14mmだよねぇ・・・
ボルト/ナットで径が違ったり、10.9とか言う表示があったり・・・

新規購入工具:片目片口(6mm、7mm)
でもハイブリッドタービン作った時に買った工具が役に立って良かった。(^^)v

部品点数は少ないのになぁ・・・・
今日はココまで

うーん・・・やはり後の仕上りを考えるとバラバラにしちまった方がいいなぁ・・・・

っちゅーことで、バラバラに・・・・(^^;
バラバラよ〜ん バラバラよ〜ん バラバラよ〜ん
始めて触るバイクなだけにメモを取りながらバラしやす。
(配線の色&ボルトナットの位置etc)

Rブレーキペダルの稼動部分が固着していて
もうちょっとのところまで来るんですが抜けません。
・・・・ま、あとででいいや。(爆)


〜錆取り〜

一気に(屋内で)やれれば総剥離→徹底錆取りと進んで行くのですが、
いかんせん場所は野外で一気にやれないと来れば、
ちまちまやってくしかありません。
さて、電動工具で落とせるところをやっつけます。
CNSベベル&カップワイヤー&ワイヤーブラシ(人力)

なんとココで大発見。

塗装が豪華5層!でした。(..;)
(サフ/エンジ色/サフ/白色/黄色)

この錆め! この錆め! この錆め!
さて、錆が取れたら、錆がリベンジかましてくる前に脱脂→サフ塗装しちゃいます。

んんんんんんん・・・・・・・・・なんか残ってるなぁ・・・・・・しつこいなぁ・・・・・
ま、いいや。(またか!)残ったヤツは総剥離してからスポットブラスターだな。


〜腐り〜

ココはもうどうしようもありあません。(爆)
この錆め!
鉄板が2枚(場所によっては3枚)重なっているので、もう死んでます。
こういう所は迷うこと無く切り取ります。
んで、きょわ〜んっと錆を落として、脱脂→とりあえずサフ。
討取ったり〜
いやしかし、こんなところ(鉄板重ね)になんでこんな溝が・・・?
錆びるの当然じゃん・・・強度でも出そうとしたのかな?


〜うりゃ!!!〜

懸案だったBペダル・・・・・・・・・・・・・・・・・あまりにも抜けないので、

やってしまいました。(^^;

もうちょっとなのに・・ →  あ〜あ
切ってしまえ!と・・・神の声が聞こえたんす。

ふぃ〜んで無事(?)バラバラに。


が、・・・おいっ!!!!(@_@)

いくらなんでもやりすぎだろ〜・・・・まったく、しょーもなー。
なんじゃこりゃ
もうちょっと考えてメンテしろよな〜>前々オーナー


こんなところで
某所で頂戴して来たアルトWの純正ジャッキ君。
こんなところで大活躍とは思いませんでしたね〜。
都合の良い位置に上げ下げ出来るので非常に便利です。

〜まだまだ続く・・・・・

続・外装レストア編へ→


1つ前に戻る