50ccレーサー製作/後足編


普通はショック換えて様子を見るんでしょうが、
手元にRS125(〜’94)のリア回りが
ごっそりあるのでつけちゃいます。
っていうか・・・

つけたいんです。

アルミだし太いタイヤ履けるし、カッコ良いじゃないですか。(^^)
ホイールもNS−1と同じに見えて、軽かったりするんですよ、これが。

これね。

さしあたって問題&欲望は・・・
1:車体に当たる!→車体側を切取る
2:フェンダーがない→作る
3:ピボット部の幅が狭い→カラー(シム)製作
4:MBXのカラーが入らない→製作
5:ピボット部にベアリングを入れたい→加工後挿入
6:タイやセンターを合わすとチェーンラインが合わない。→合わせる
7:RS125のスプロケが415用だ→NS50F用加工
8:ショックの取付け方法が・・・→考える
9:ディスクになるのでマスターをどうしよう→NS−1装着

多いな。(^^;

まぁ、1個づつ解決して行くしか無いので、
コツコツと作ります。

対策→


1つ前に戻る